「タコやん」 福音館書店 2019年6月発行 32ページ
富安陽子/文 南伸坊/絵

タコのタコやんのおはなしです。
ノタコラ ペタコラ とあらわれたタコ。そう、頭足類の八本足の蛸です。
「よっ!」と足八本のうちの1ぽんあしをあげ、ごあいさつ。
しょうちゃんのおうちに突然あらわれたタコやん。
「タコやんです。あそびましょ」
えっなぜタコが?水の中じゃないけどだいじょうぶ?タコがしゃべってますけど?
疑問が吹きでます。
しょうちゃんも不審に感じたか(タコと遊ぶのはいやだなあ)とおもって
「いま、ゲームをしてるから、あとで」と断ります。
ドアチェーンのスキマからヌルリンチョとおうちの中にはいってきてしまって、ゲームをすることになりました。タコのタコやんはゲームがうまかった。
しょうちゃん、「タコやん、すっげぇ!」とほめると
頭を足でかいて「それほどでも」と照れました。

タコやんは、タコなのにサッカーをしてもかくれんぼしても、ぜんぶ上手。その上、公園を独り占めしようとするいじわるなおじさんと犬をおいはらうほど勇気もあるし機転もきいている。かっこいい!タコだからと最初は敬遠したこどもたちでしたが、みんな仲良くなって楽しく遊んだのです。
もう夕暮れです。楽しい時間は終わり、おうちへ帰る時間。タコやんとハグをしておわかれです。人間とタコの友情、すてきでした。またあそべるといいな。きっとまたあそぼう。
夕日のオレンジ色に染まった空と夕焼けを写した海の黄色、そんな色合いの中を海へと帰るタコやん。最後のページには哀愁を感じます。なんてこってしょう。絵本で哀愁を感じるなんて、とちょっと不思議な気持ちになりました。南伸坊さんのいろいろ省略したかわいいシンプルな挿絵も効果があるとおもいます。素敵な絵本でした。

「ノタコラペタコラ」「ヌルリンチョ」「ペタンチョ」「ヘナヘナのパー」オノマトペが独特で面白い。小さい人も喜んでくれそうですね。
作者の富安陽子さんは他の著書に「やまんばのむすめ まゆのおはなし・シリーズ」「オニのサラリーマン・シリーズ」「シノダ!/シリーズ」「妖怪一家九十九さん・シリーズ」など、たくさんかいておられます。