に投稿

第164回 お人形のはなし

幼い頃、みなさん少なからずお人形をもっていたんではないでしょうか。テディベアなど動物のぬいぐるみ・リカちゃんバービー・シルバニア・市松人形・・うん、ガンダムのプラモやキン消しも含めちゃいましょう!・・などなど。
コールテンくんというくまのお人形のお話です。ズボンのボタンが一つとれてしまっていて、ちょっと不良品な状態です。欲しいと言う子どもはあらわれるでしょうか。。。

「くまのコールテンくん (フリーマンの絵本)」 偕成社 1975年月発行 30ページ
ドン・フリーマン/作 まつおかきょうこ/訳
原著「COEDUROY」 DON FREEMAN 1968年

デパートのおもちゃ売り場にお人形さんたちがならんでいます。早く誰かがおうちへつれていってくれないかなあとおもっていました。くまのコールテンくんもそうでした。デパートの外の世界のことをいろいろと聞いていたのです。共に暮す「ともだち」のこと、「山」のこと、王様の住む豪華な「御殿」、人の住む「おうち」のこと・・。
女の子がコールテンくんを気に入ってくれたのですが、お母さんはもうたくさん買い物をしてしまっているし、ズボンのボタンが一つとれているわ、とゴー・サインがでませんでした。
あともう少しで連れて帰ってもえらえそうだったのに。なくしたボタンをさがすため、そして外の世界への憧れがコールテンくんに行動を起こさせます。おもちゃ売り場の棚からおりボタン探しの冒険へ出発。

エスカレーターのことを山だとおもったり、家具売り場を王様の御殿と勘違いするコールテンくんが面白いのですが、外の世界を知らないのが少しかわいそうですね。
本来動くことの出来ない人形やおもちゃたちは、そばにいる子どもたちから、世界のことを知ることができるのです。(コールテンくんは動き回れるようですが・・)
家具売り場のベッドカバーの下に隠れたコールテンくんですが(耳がちょこっとでていたので見つかってしまうのがかわいい。)、デパート内を警備するおじさんに捕まって、おもちゃ売り場へ戻されてしまいました。

次の朝、コールテンくんに素敵なことがおこります。前の日コールテンくんを気に入ってくれた女の子が迎えに来てくれたのです。王様の御殿のようにたくさん家具のある大きな部屋ではないですが、素敵なおうちに連れて帰ってくれました。(なんとコールテンくんのベッドがあります!)そして、ズボンのボタンをつけてくれます。「あたし、あなたのこと このままでも すきだけど、でも、ひもが ずりおてくるのは、きもちわるいでしょ。」
ついにコールテンくんは、ともだちをみつけたんです。

ぬいぐるみを私もいくつか持っていて大事にしていましたが、「ともだち」だったかなあ・・・。コレクションのうちの一つ、というのが強かったような覚えがあります。ですので、この二人のような関係がうらやましい。素敵な物語です。