に投稿

第168回 ウソを許せる?許せない?

「エイドリアンはぜったいウソをついている」 岩波書店 2021年1月発行 36ページ
マーシー・キャンベル/文 コリーナ・ルーケン/絵 服部雄一郎/訳
原著「ADRIAN SIMCOX DOES NOT HAVE A HORSE」 Marcy Campbell, Corinna Luyken 2018年

どんなウソをついてるんだろう、とついつい手に取ってしまう目をひくタイトルですよね。。
ウソが許せない女の子のおはなしです。
同じクラスのエイドリアンは、「うちには馬がいるんだよ」という。
エイドリアンは、ぼんやりしていて、整理整頓もへた、靴には穴があいてるし、おじいちゃんと二人暮らし、おうちも庭もすごく小さいから、馬なんか飼えっこないのに。
「それウソだよ!」とつい言ったら、すごく悲しい目をしたエイドリアン。傷つけてしまったことがわかりました。
エイドリアンのおうちへ、おかあさんが連れて行ってくれました。やっぱり、馬はいそうにない小さなおうち。ウソがばれた、とそんな顔をしているエイドリアンをみてるうち、彼の心に寄り添うことができます。何か悲しい事情があって、想像上の素敵な馬が彼の心の拠り所になっていることを感じます。
「もしかしたら エイドリアンは 学校にいるだれよりも すごいそうぞうりょくの もちぬしなのかも」「エイドリアンの心には きっと 世界中のだれよりも きれいな馬がいるのかも」

「悲しい嘘」ではなく「想像力が豊か」という表現なのが新鮮に感じました。
ちょっと大人になったらば、ウソを言うには何か理由があるのかも?と相手の気持ちを察することもできるようになりますが、幼い頃ですと少し難しいかもしれません。ウソが許せないその気持ちもわからんでないですよね。ウソに怒りが募るのは、羨ましいからかなあ。生死にかかわるうそでなければ、あっはっはと笑って聞けるようになりたいものですね。ウソが許せないのとウソをついちゃう気持ちにも、どちらにも共感して、涙こぼれそうになりました。
蛇足ですが「エイドリアン」というと、某ボクシング映画のヒロインを思い出し、表紙の右にいる女の子のことかと思っちゃいました。