面白い海外文学・ノンフィクションの翻訳ものをご紹介したい・お勧めしたい。そんなフリーブックレット 『 BOOKMARK 』を当店にて配布しております。
翻訳者の金原瑞人さん、三辺律子さん、イラストレーターのオザワミカさんが、海外発行の和訳本を毎号16点、様々なテーマでチョイスいたしましてご紹介いたします。
年に2度の発行、12×12cm(CDのブックレットと同じサイズ)、23pのかわいい小冊子です。

BOOKMARK 金原瑞人さんのオフィシャルホームページ
 ↑↑ こちらのBOOKMARKのサイトにてバックナンバーのデータのダウンロードが可能です。クリックするとサイトへジャンプ!

3号・4号・5号・6号・8号・9号・10号・12号・13号・14号・15号・16号・17号 の在庫がございます。【※すべての号の在庫が少なくなってまいりました。お早めにどうぞ!】
● ご注文時に、コメント欄に「ブックマーク希望(希望の号数)」 とご記載ください。ご希望の号数をお忘れなく。
● 無料で差し上げております。
● 当店在庫部数はたくさんありませんので、書籍をお買上げの方を優先とさせていただいております。どうぞご了承下さい。お買上げの書籍と共にお送りいたします。

BOOKMARK 18号 2021年夏号 発行されました!
18号 タ イ ト ル は
英語圏以外の本特集・2 Other Voices, Other Places

『BOOKMARK 18号』 いろんな声をきいてみて~

今号は、英語圏以外で発行された本の特集その2です。(”その1”はBOOKMARK4号の特集でした。)
イタリア・ドイツ・フランス・韓国・メキシコ・アンゴラ・イスラエル・ポーランド・ロシア・マヤ語・トルコ・チベット・イラク、言語・舞台は様々です。インターネットでつながって世界は案外せまいような気がしていましたが、いやいや世界はとっても広くって深い。社会の決まり、家族のあり方、人間模様などお国による多様性を、たくさんの世界の人々の声をぜひ感じてみてください。

巻頭エッセイ(2p)は、多和田葉子さんがゲストです。なんだかヘンな日本語の迷惑メールについて。『こんな日本語で人を騙せると思っている詐欺師は、翻訳とは何かについてもっと真剣に考えてほしい。』吹き出しつつも、ほんとうそのとおり!とうなずきました。風刺の効いた、翻訳への愛のエッセイでした。

– 過去のBOOKMARKの特集とエッセイ –
創刊号タイトル『これがお勧め、いま最強の17冊』 エッセイ「このあいだした翻訳のこと」 江國香織
2号タイトル『本に感動、映画に感激』 エッセイ「おもしろい物語に出会ったら、ついでに原作にも手を出してしまおう」 ひこ田中
3号タイトル『まだファンタジー?ううん、もっとファンタジー!』 エッセイ・松岡佑子
4号タイトル『えっ、英語圏の本が一冊もない?!』 エッセイ・東山彰良
5号タイトル『過去の物語が未来を語る』 エッセイ・深緑野分
6号タイトル『明日が語る 今日の世界』 エッセイ「SFって、政治小説?」 星野智幸
7号タイトル『眠れない夜へ、ようこそ』 エッセイ「クラシックホラーファンタジーとのっぺらぼう」 恒川光太郎
8号タイトル『やっぱり新訳!』 エッセイ「気合と気合と気合」 町田康
9号タイトル『顔が好き』 エッセイ「翻訳物の装丁の手順とスクラロース」 川名潤
10号タイトル『わたしはわたし ぼくはぼく』 エッセイ「ワイルドフラワーの見えない一年」 松田青子
11号タイトル『Listen to books!』エッセイ・村上春樹
12号タイトル『これ、忘れてない?』 エッセイ・佐藤亜紀
13号タイトル『グラフィックノベル特集 絵+文字で、無敵!』 エッセイ「グラフィックノベルの新時代とスタン・リー95歳の死」小野耕世
14号タイトル『against! 「NO」ということ』 エッセイ 「不羈 という一言」あさのあつこ
15号タイトル『Be short!』 エッセイ・宮内悠介
16号タイトル『Stranger than fiction?』 エッセイ・ブレイディみかこ
17号タイトル『Books on Books 本についての本特集』 エッセイ・都甲幸治