「あからん ことばさがし絵本」 福音館書店 2017年2月発行 64ページ
西村繁男/作

「あ」から「ん」で『あからん』です。なんだろうって思いましたでしょう。言葉遊び絵本です。50音の「あ」~「ん」を頭に使った言葉の挿し絵がずらりと並びます。
『あ』のページでは、「あんぜんちたいで あさの さいさつ」という文章がついてます。
カエルとヘビが(安全地帯)と表示されたところで挨拶しています。うーんシュールね。
ほかにも、(あしあと)(あめ)(あくび)(あさひ)(あざらし)(あほうどり)(あどばるーん)・・などなど挿し絵が描き込まれています。
昭和な用品もたくさん描き込まれています。(リリアン)はわたしの子供の頃流行りましたよ~。懐かしい。頑張ってつくったけど、できあがったものを何につかったらよいやら?と困惑したものです。
絵を見て、ああっコレなんやっけ?という言葉がでてこないアレが発生しています。もどかしいのです。脳の体操にもよし。
ページ最後に答えものっていますので、安心ですヨ。見落としを発見できるのもグッド。

気に入った文章を何点か。
「のぶし のんびり のだてする」
のんびり・・
「まじょと まじんの まんざい まってました!」
きっと寄席の目玉でしょう。わたしも見にいきた~い!
「ゆきだるまは ゆぶねで ゆめをみます」
雪だるまが湯船で?雪女のおかげかな・・
「るいが るいをよび るいじんえんがやってくる」
たくさん類人猿、集まった。それっぽいのもいてます。
「あかちゃん んんん んーん」
ふんばってるあかちゃんのあか~いお顔が面白い。
西村繁男さんの挿し絵の楽しさが抜群です。