に投稿

第190回 悲しすぎる絵本

忘れられない本というのがあります。忘れられない理由には、良い印象または良くない印象の2種類があるとおもいます。
この絵本は、わたしにとって良くない印象です。ひどく悲しいのに再読してしまう絵本。
良い印象のものばかりをご紹介するというのも、どうかなあ?とおもうので、今回の投稿で選んでみました。そんな穿った選書なんて、いらぬお世話かとも思いますが、気になって手にとってしまってう~ん何これ・・と一緒にうなっていただけるととうれしいです。

「ひとりぼっちのかいぶつといしのうさぎ」 徳間書店 2004年8月発行 32ページ
クリス・ウォーメル/作・絵 吉上恭太/訳
原著「THE BIG UGLY MONSTER AND THE LITTLE STONE RABBIT」 Chris Wormell 2004

とっても醜い怪物がいました。その醜さといえば、花はちり、木々から葉が落ち、草は枯れてしまいます。怪物が太陽が隠れ、空を見上げれば雨が降り出し、水につかろうとすればシュウっと蒸発し、にっこり笑えば石は粉々に砕け、歌って踊ると大地にひび割れができてしまう。
一体どんな能力なの、それは!?
恐ろしさのあまり誰も近寄らないので、怪物には友達がいませんでした。荒れ果てた荒野で一人。あまりに寂しくて寂しくて石に話しかけています。ある日、岩を削って、きつね、くま、しか、うさぎなど動物をかたどった石像を作ったのです。
出来栄えはよくありません。動物の逃げるうしろ姿しか見たことがないからです。それでもうれしくてにっこり笑うと、石像は、ひとつを残しすべて粉々に砕け散りました。

 ああ、かわいそうに。かわいそうすぎる。絵本なのに、ひどくない?この設定?良くないラストになりそうな気配なので、このへんで読むのをやめようとおもったのですが、どうしても本をおけませんでした。ラストがどう転がるのか~良い方へどんでん返しするのか、このまま悲しいままか?~気になって、読むのをやめられませんでした。

たったひとつ残ったうさぎの像のために、歌を歌ったり、曲芸したり、嵐が去る空を眺めたり。石のうさぎは、一緒に踊ったり歌ったりすることはなかったのに、かいぶつは石のうさぎがいることを喜びました。
年をとり、かいぶつは弱っていきました。曲芸をすることもできなくなりとうとう・・。
かいぶつがいなくなると、大地に草が生え、花が咲きみだれ、世界で一番美しいところになりました。

カバーの折り返しに出版社お勧め文がのっています。『みにくい外見の内にかくされたやさしく美しい心・・・ 読後、静かな感動で心がふるえる忘れられない一冊です。』
静かな感動を感じる人もいるんだなあ・・。わたしは、ただただ悲しくなりました。怪物は、破壊するのみの強大な力を自ら望んで得たわけでなく、それを制御することができず、恐ろしい外見だから、という理由で一人ぽっちで過ごすしかないのです。そして物言わぬ石に出来得る限りの友情をそそぎました。そして「かいぶつはそれでも幸せだった」のです。
怪物って自分のことなのかもしれません。感情にいちいち左右されてしまう未熟なわたしを投影します。外見にとらわれない心を養えるというのもあるかもしれません。理不尽を感じつつも、確かにひきつけられるものがあり、忘れられない一冊なのは間違いありません。
間違いない、間違いないんですけれど!このラストはしんどすぎる。
「イヤミス」(読後イヤな気持ちになるのに、妙に惹きつけられるミステリーのこと。)、なんていうジャンルもありますから、(イヤイヤ悲しすぎるだろう、絵本なのに?!)=「イヤ絵本」もあっていい、のかもしれない。今後も、悲しすぎて気になる忘れられない絵本がありましたら、とりあげていきたいとおもっています。
著者クリス・ウォーメルさんの他の作品↓