に投稿

BOOKMARK緊急号 発行のお知らせ「戦争を考える Books and Wars」

面白い海外文学・翻訳小説をご紹介したい、お勧めしたい。そんなフリーブックレット 『 BOOKMARK 』を配布しております。
翻訳者の金原瑞人さん、三辺律子さん、イラストレーターのオザワミカさんが、海外小説を様々なテーマで毎号16点、ご紹介しております。
年に2度の発行、12×12cm(CDのブックレットと同じサイズ)、23pのかわいい小冊子です。
BOOKMARK 金原瑞人さんのオフィシャルホームページ
 ↑↑ こちらのBOOKMARKのサイトにてバックナンバーのデータをダウンロードすることが可能です。
3号・4号・5号・6号・8号・9号・10号・12号・13号・14号・15号・16号・17号・18号・19号・緊急特集 の在庫がございます。
【※すべての号の在庫が少なくなってまいりました。お早めにどうぞ!】
● ご注文時に、コメント欄に「ブックマーク希望 」 とご記載ください。ご希望の号数もお忘れなく。
● 無料で差し上げております。
● 当店在庫部数はたくさんありませんので、書籍をお買上げの方を優先とさせていただいております。どうぞご了承下さい。お買上げの書籍と共にお送りいたします。

_____ BOOKMARK最新号のお知らせ _____

BOOKMARK 緊急特集号 が 発行されました!
タ イ ト ル は
Books and Wars 戦争を考える 

『BOOKMARK 緊急特集号』                  ヘイワヲネガウ

いつもであれば、各号のテーマに沿った邦訳作品を16点、ご紹介する23pの小冊子なのですが、今回は特別号としていつもの3倍ほどの63ページです。2022年2月24日、ロシアのウクライナ侵攻が開始されました。今号のテーマは「戦争について」、29人の方々がお寄せになったエッセイと書籍のご紹介です。
前書きを抜粋させていただきます。(エッセイを依頼された方々へのメッセージです。)『~ いうまでもなくロシアのウクライナ侵攻に触発された特別号です。とはいえ、ロシアが悪い、プーチンはひどいということではなく、とにかく「戦争」について考えるための冊子にしたいと思っています。』
***エッセイをご寄稿された29名の作家・ジャーナリスト・詩人・歌人・装丁家などの皆様。(五十音順)
青山七恵/あさのあつこ/伊藤比呂美/江國香織/小野耕世/金井真紀/川名 順/小手鞠るい/桜庭一樹/高階杞一/恒川光太郎/都甲幸治/酉島伝法/長倉洋海/中脇初枝/梨屋アリエ/東 直子/東山彰良/ひこ・田中/深緑野分/藤野可織/文月悠光/ブレイディみかこ/星野智幸/穂村 弘/町田 康/松田青子/宮内悠介/森 絵都

・・・ 過去のBOOKMARKのテーマとエッセイ ・・・

創刊号タイトル『これがお勧め、いま最強の17冊』 エッセイ「このあいだした翻訳のこと」 江國香織
2号タイトル『本に感動、映画に感激』 エッセイ「おもしろい物語に出会ったら、ついでに原作にも手を出してしまおう」 ひこ田中
3号タイトル『まだファンタジー?ううん、もっとファンタジー!』 エッセイ・松岡佑子
4号タイトル『えっ、英語圏の本が一冊もない?!』 エッセイ・東山彰良
5号タイトル『過去の物語が未来を語る』 エッセイ・深緑野分
6号タイトル『明日が語る 今日の世界』 エッセイ「SFって、政治小説?」 星野智幸
7号タイトル『眠れない夜へ、ようこそ』 エッセイ「クラシックホラーファンタジーとのっぺらぼう」 恒川光太郎
8号タイトル『やっぱり新訳!』 エッセイ「気合と気合と気合」 町田康
9号タイトル『顔が好き』 エッセイ「翻訳物の装丁の手順とスクラロース」 川名潤
10号タイトル『わたしはわたし ぼくはぼく』 エッセイ「ワイルドフラワーの見えない一年」 松田青子
11号タイトル『Listen to books!』エッセイ・村上春樹
12号タイトル『これ、忘れてない?』 エッセイ・佐藤亜紀
13号タイトル『グラフィックノベル特集 絵+文字で、無敵!』 エッセイ「グラフィックノベルの新時代とスタン・リー95歳の死」小野耕世
14号タイトル『against! 「NO」ということ』 エッセイ 「不羈 という一言」あさのあつこ
15号タイトル『Be short!』 エッセイ・宮内悠介
16号タイトル『Stranger than fiction?』 エッセイ・ブレイディみかこ
17号タイトル『Books on Books 本についての本特集』 エッセイ・都甲幸治
18号タイトル『英語圏以外の本特集・2 Other Voices, Other Places』 エッセイ・多和葉子
19号タイトル『分厚い本特集 「Fat but/and Fun」』 エッセイ「分厚い本」桜庭一樹

に投稿

BOOKMARK19 最新号発行のお知らせ

面白い海外文学・海外ノンフィクションの翻訳本をご紹介したい・お勧めしたい。そんなフリーブックレット 『 BOOKMARK 』を当店にて配布しております。
翻訳者の金原瑞人さん、三辺律子さん、イラストレーターのオザワミカさんが、海外発行の和訳本を毎号16点、様々なテーマでチョイスいたしましてご紹介いたします。
年に2度の発行、12×12cm(CDのブックレットと同じサイズ)、23pのかわいい小冊子です。

BOOKMARK 金原瑞人さんのオフィシャルホームページ
 ↑↑ こちらのBOOKMARKのサイトにてバックナンバーのデータのダウンロードが可能です。クリックするとサイトへジャンプ!

3号・4号・5号・6号・8号・9号・10号・12号・13号・14号・15号・16号・17号・18号・19号 の在庫がございます。【※すべての号の在庫が少なくなってまいりました。お早めにどうぞ!】
● ご注文時に、コメント欄に「ブックマーク希望(希望の号数)」 とご記載ください。ご希望の号数をお忘れなく。
● 無料で差し上げております。
● 当店在庫部数はたくさんありませんので、書籍をお買上げの方を優先とさせていただいております。どうぞご了承下さい。お買上げの書籍と共にお送りいたします。

BOOKMARK 19号 2021年冬号 発行されました!
19号 タ イ ト ル は
分厚い本特集 「Fat but/and Fun」 

『BOOKMARK 19号』 鈍器にもまくらにもなるぶあつい本・・・

今号は、「分厚い本」!読んでいると腕がだるくなりそな分厚ぅい本。完読できるかしら?とちょっと手に取るのをためらっちゃうような長編の物語、そんな本の特集です。
短編も楽しいですが、長編もまた楽しい。長時間お付き合いする分、登場人物たちに愛着が湧きますね。物語は終わったというのにまだまだ続きが読みたくなるってあります。
著者の出身や物語の舞台は、イギリス、韓国、中国、インド、メッカ、東アフリカ、イタリア、ロシア、源氏物語、スイス、チベットソビエト連邦。いろんなお国の翻訳本16冊をチョイス。年末年始のお休みに向け、本をご準備の際のお助けになりましたら幸いと存じます。分厚さに負け、読むのを諦めた本がリストにばっちりのっております私です。年末年始のお休みに向け、再挑戦してみようと意気込んでおります。

巻頭エッセイ(2p)は、桜庭一樹氏「分厚い本」。青春時代に読んだ本を年経たときに再読する楽しみについて書かれています。高校受験の合否発表までの不安な数日に、体の調子を悪くされ執筆出来ぬ苦しい日々に、本に没頭することで乗り切ったそうです。時間が経ち、年取った頃に再読すると、感想ってほんと違ってきますよね。あの本、また読みたいなと思い出しました。

– 過去のBOOKMARKの特集とエッセイ –
創刊号タイトル『これがお勧め、いま最強の17冊』 エッセイ「このあいだした翻訳のこと」 江國香織
2号タイトル『本に感動、映画に感激』 エッセイ「おもしろい物語に出会ったら、ついでに原作にも手を出してしまおう」 ひこ田中
3号タイトル『まだファンタジー?ううん、もっとファンタジー!』 エッセイ・松岡佑子
4号タイトル『えっ、英語圏の本が一冊もない?!』 エッセイ・東山彰良
5号タイトル『過去の物語が未来を語る』 エッセイ・深緑野分
6号タイトル『明日が語る 今日の世界』 エッセイ「SFって、政治小説?」 星野智幸
7号タイトル『眠れない夜へ、ようこそ』 エッセイ「クラシックホラーファンタジーとのっぺらぼう」 恒川光太郎
8号タイトル『やっぱり新訳!』 エッセイ「気合と気合と気合」 町田康
9号タイトル『顔が好き』 エッセイ「翻訳物の装丁の手順とスクラロース」 川名潤
10号タイトル『わたしはわたし ぼくはぼく』 エッセイ「ワイルドフラワーの見えない一年」 松田青子
11号タイトル『Listen to books!』エッセイ・村上春樹
12号タイトル『これ、忘れてない?』 エッセイ・佐藤亜紀
13号タイトル『グラフィックノベル特集 絵+文字で、無敵!』 エッセイ「グラフィックノベルの新時代とスタン・リー95歳の死」小野耕世
14号タイトル『against! 「NO」ということ』 エッセイ 「不羈 という一言」あさのあつこ
15号タイトル『Be short!』 エッセイ・宮内悠介
16号タイトル『Stranger than fiction?』 エッセイ・ブレイディみかこ
17号タイトル『Books on Books 本についての本特集』 エッセイ・都甲幸治
17号タイトル『英語圏以外の本特集・2 Other Voices, Other Places』 エッセイ・多和田葉子

に投稿

BOOKMARK18 最新号発行のお知らせ

面白い海外文学・ノンフィクションの翻訳ものをご紹介したい・お勧めしたい。そんなフリーブックレット 『 BOOKMARK 』を当店にて配布しております。
翻訳者の金原瑞人さん、三辺律子さん、イラストレーターのオザワミカさんが、海外発行の和訳本を毎号16点、様々なテーマでチョイスいたしましてご紹介いたします。
年に2度の発行、12×12cm(CDのブックレットと同じサイズ)、23pのかわいい小冊子です。

BOOKMARK 金原瑞人さんのオフィシャルホームページ
 ↑↑ こちらのBOOKMARKのサイトにてバックナンバーのデータのダウンロードが可能です。クリックするとサイトへジャンプ!

3号・4号・5号・6号・8号・9号・10号・12号・13号・14号・15号・16号・17号 の在庫がございます。【※すべての号の在庫が少なくなってまいりました。お早めにどうぞ!】
● ご注文時に、コメント欄に「ブックマーク希望(希望の号数)」 とご記載ください。ご希望の号数をお忘れなく。
● 無料で差し上げております。
● 当店在庫部数はたくさんありませんので、書籍をお買上げの方を優先とさせていただいております。どうぞご了承下さい。お買上げの書籍と共にお送りいたします。

BOOKMARK 18号 2021年夏号 発行されました!
18号 タ イ ト ル は
英語圏以外の本特集・2 Other Voices, Other Places

『BOOKMARK 18号』 いろんな声をきいてみて~

今号は、英語圏以外で発行された本の特集その2です。(”その1”はBOOKMARK4号の特集でした。)
イタリア・ドイツ・フランス・韓国・メキシコ・アンゴラ・イスラエル・ポーランド・ロシア・マヤ語・トルコ・チベット・イラク、言語・舞台は様々です。インターネットでつながって世界は案外せまいような気がしていましたが、いやいや世界はとっても広くって深い。社会の決まり、家族のあり方、人間模様などお国による多様性を、たくさんの世界の人々の声をぜひ感じてみてください。

巻頭エッセイ(2p)は、多和田葉子さんがゲストです。なんだかヘンな日本語の迷惑メールについて。『こんな日本語で人を騙せると思っている詐欺師は、翻訳とは何かについてもっと真剣に考えてほしい。』吹き出しつつも、ほんとうそのとおり!とうなずきました。風刺の効いた、翻訳への愛のエッセイでした。

– 過去のBOOKMARKの特集とエッセイ –
創刊号タイトル『これがお勧め、いま最強の17冊』 エッセイ「このあいだした翻訳のこと」 江國香織
2号タイトル『本に感動、映画に感激』 エッセイ「おもしろい物語に出会ったら、ついでに原作にも手を出してしまおう」 ひこ田中
3号タイトル『まだファンタジー?ううん、もっとファンタジー!』 エッセイ・松岡佑子
4号タイトル『えっ、英語圏の本が一冊もない?!』 エッセイ・東山彰良
5号タイトル『過去の物語が未来を語る』 エッセイ・深緑野分
6号タイトル『明日が語る 今日の世界』 エッセイ「SFって、政治小説?」 星野智幸
7号タイトル『眠れない夜へ、ようこそ』 エッセイ「クラシックホラーファンタジーとのっぺらぼう」 恒川光太郎
8号タイトル『やっぱり新訳!』 エッセイ「気合と気合と気合」 町田康
9号タイトル『顔が好き』 エッセイ「翻訳物の装丁の手順とスクラロース」 川名潤
10号タイトル『わたしはわたし ぼくはぼく』 エッセイ「ワイルドフラワーの見えない一年」 松田青子
11号タイトル『Listen to books!』エッセイ・村上春樹
12号タイトル『これ、忘れてない?』 エッセイ・佐藤亜紀
13号タイトル『グラフィックノベル特集 絵+文字で、無敵!』 エッセイ「グラフィックノベルの新時代とスタン・リー95歳の死」小野耕世
14号タイトル『against! 「NO」ということ』 エッセイ 「不羈 という一言」あさのあつこ
15号タイトル『Be short!』 エッセイ・宮内悠介
16号タイトル『Stranger than fiction?』 エッセイ・ブレイディみかこ
17号タイトル『Books on Books 本についての本特集』 エッセイ・都甲幸治

に投稿

BOOKMARK17号 最新号発行のお知らせ

面白い海外文学・翻訳ものをご紹介したい・お勧めしたい。そんなフリーブックレット 『 BOOKMARK 』を配布しております。
翻訳者の金原瑞人さん、三辺律子さん、イラストレーターのオザワミカさんが、様々なテーマで海外小説を毎号16点、チョイスいたします。
年に2度の発行、12×12cm(CDのブックレットと同じサイズ)、23pのかわいい小冊子です。

BOOKMARK 金原瑞人さんのオフィシャルホームページ
 ↑↑ こちらのBOOKMARKのサイトにてバックナンバーのデータをダウンロードすることが可能です。クリックするとサイトへジャンプ!

3号・4号・5号・6号・8号・9号・10号・12号・13号・14号・15号 の在庫がございます。【※すべての号の在庫が少なくなってまいりました。お早めにどうぞ!】
● ご注文時に、コメント欄に「ブックマーク希望 」 とご記載ください。ご希望の号数もお忘れなく。
● 無料で差し上げております。
● 当店在庫部数はたくさんありませんので、書籍をお買上げの方を優先とさせていただいております。どうぞご了承下さい。お買上げの書籍と共にお送りいたします。

BOOKMARK 17号 2020年冬号 発行されました!
17号 タ イ ト ル は
Books on Books 本についての本特集

『BOOKMARK 17号』      本を手にお布団でぬくぬく、幸せな時間。猫がいたらさらにパーペキ

今号は、「本」を題材にした小説や絵本を16冊セレクトされています。
本を手に入れる場所である書店や図書館が舞台で、読み手が主人公だったり。活版印刷を発明したグーテンベルクについて。読書することで苦しい気持ちを忘れられたり、その本読んだことあるあるという楽しい気持ちを共有したり。本を読むことの意味とは?なんていうと重苦しいですが、そんな選書となっております。おうちで過ごすことの多いこの時期、本をお手元にどうぞ。
巻頭エッセイ(2p)は、都甲幸治さん「我が友バートルビー」掲載。アメリカ文学の研究者、翻訳家。最近の著書に『「街小説」読みくらべ 』(立東舎)。英語圏の作家の文学ガイド書籍もだされています。

創刊号タイトル『これがお勧め、いま最強の17冊』 エッセイ「このあいだした翻訳のこと」 江國香織
2号タイトル『本に感動、映画に感激』 エッセイ「おもしろい物語に出会ったら、ついでに原作にも手を出してしまおう」 ひこ田中
3号タイトル『まだファンタジー?ううん、もっとファンタジー!』 エッセイ 松岡佑子
4号タイトル『えっ、英語圏の本が一冊もない?!』 エッセイ 東山彰良
5号タイトル『過去の物語が未来を語る』 エッセイ 深緑野分
6号タイトル『明日が語る 今日の世界』 エッセイ「SFって、政治小説?」 星野智幸
7号タイトル『眠れない夜へ、ようこそ』 エッセイ「クラシックホラーファンタジーとのっぺらぼう」 恒川光太郎
8号タイトル『やっぱり新訳!』 エッセイ「気合と気合と気合」 町田康
9号タイトル『顔が好き』 エッセイ「翻訳物の装丁の手順とスクラロース」 川名潤
10号タイトル『わたしはわたし ぼくはぼく』 エッセイ「ワイルドフラワーの見えない一年」 松田青子
11号タイトル『Listen to books!』エッセイ 村上春樹
12号タイトル『これ、忘れてない?』 エッセイ 佐藤亜紀
13号タイトル『グラフィックノベル特集 絵+文字で、無敵!』 エッセイ「グラフィックノベルの新時代とスタン・リー95歳の死」小野耕世
14号タイトル『against! 「NO」ということ』 エッセイ 「不羈 という一言」あさのあつこ
15号タイトル『Be short!』 エッセイ 宮内悠介
16号タイトル『Stranger than fiction?』 エッセイ ブレイディみかこ

に投稿

BOOKMARK16 発行のお知らせ

面白い海外文学・翻訳ものをご紹介したい・お勧めしたい。そんなフリーブックレット 『 BOOKMARK 』を配布しております。
翻訳者の金原瑞人さん、三辺律子さん、イラストレーターのオザワミカさんが、様々なテーマで海外小説を毎号16点、チョイスいたします。
年に2度の発行、12×12cm(CDのブックレットと同じサイズ)、23pのかわいい小冊子です。

BOOKMARK 金原瑞人さんのオフィシャルホームページ
 ↑↑ こちらのBOOKMARKのサイトにてバックナンバーのデータをダウンロードすることが可能です。

3号・4号・5号・6号・8号・9号・10号・12号・13号・14号・15号 の在庫がございます。【※すべての号の在庫が少なくなってまいりました。お早めにどうぞ!】
● ご注文時に、コメント欄に「ブックマーク希望 」 とご記載ください。ご希望の号数もお忘れなく。
● 無料で差し上げております。
● 当店在庫部数はたくさんありませんので、書籍をお買上げの方を優先とさせていただいております。どうぞご了承下さい。お買上げの書籍と共にお送りいたします。

BOOKMARK 16号 2020年夏号 発行されました!
16号 タ イ ト ル は
Stranger than fiction?

『BOOKMARK 16号』      笑顔を忘れず気長に参りましょう・・    

今号は、ひと に焦点をあてたノンフィクションを特集しております、そして16冊各々の翻訳者のコメントが掲載されています。
厳しく辛い状況にあった人びとがいます。絶望せず立ち向かう彼らから勇気と困難を克服する知恵をもらえるでしょう。
巻頭エッセイ(2p)は、ブレイディみかこさんです。英国に住む保育士でライター、保育・政治・ロック・英日比較などを題材にエッセイを書いておられます。
今、我々の世界にはコロナウイルス感染症が広がっています。広がりが収まる気配は今の所ない厳しい状況です。感染がおさまったとしても以前とは違う世界になるでしょう。本は今後もかわらず我々の支えとなってくれるはずです。

創刊号タイトル『これがお勧め、いま最強の17冊』 エッセイ「このあいだした翻訳のこと」 江國香織
2号タイトル『本に感動、映画に感激』 エッセイ「おもしろい物語に出会ったら、ついでに原作にも手を出してしまおう」 ひこ田中
3号タイトル『まだファンタジー?ううん、もっとファンタジー!』 エッセイ 松岡佑子
4号タイトル『えっ、英語圏の本が一冊もない?!』 エッセイ 東山彰良
5号タイトル『過去の物語が未来を語る』 エッセイ 深緑野分
6号タイトル『明日が語る 今日の世界』 エッセイ「SFって、政治小説?」 星野智幸
7号タイトル『眠れない夜へ、ようこそ』 エッセイ「クラシックホラーファンタジーとのっぺらぼう」 恒川光太郎
8号タイトル『やっぱり新訳!』 エッセイ「気合と気合と気合」 町田康
9号タイトル『顔が好き』 エッセイ「翻訳物の装丁の手順とスクラロース」 川名潤
10号タイトル『わたしはわたし ぼくはぼく』 エッセイ「ワイルドフラワーの見えない一年」 松田青子
11号タイトル『Listen to books!』エッセイ 村上春樹
12号タイトル『これ、忘れてない?』 エッセイ 佐藤亜紀
13号タイトル『グラフィックノベル特集 絵+文字で、無敵!』 エッセイ「グラフィックノベルの新時代とスタン・リー95歳の死」小野耕世
14号タイトル『against! 「NO」ということ』 エッセイ 「不羈 という一言」あさのあつこ
15号タイトル『Be short!』 エッセイ 宮内悠介